龍だらけのお宮「聖天宮」

東武東上線の若葉駅から歩いて行ける距離に道教のお宮があると聞いたので早速訪ねてみた。若葉駅東口前の直線道路をを30分弱歩くと、周りには畑しかないような場所に豪華な装飾が施された宮殿の様な建物が目に飛び込んできた。


画像




「聖天宮(せいてんきゅう)」の入口にある天門。日本の寺院では山門にあたる場所だろう。


画像



台湾の康國典(こうこくてん)大法師が不治の病を患い、道教の最高神である三清道祖(さんせいどうそ)に治癒を願ったところ完治した。そこで多くの人が三清道祖にすがれるようお宮を建てる準備をしていたところ、台湾ではなく日本のこの場所に建造するようにと夢の中でお告げを授かった。そこで台湾から宮大工を呼び寄せ、昭和56年に着工し、15年の歳月を掛け平成7年に開廟したのが「聖天宮」だ。


一歩中に入ると突然異国の地に迷い込んだ気分になる。


画像



画像




右手に鐘楼、左手に鼓楼がある前殿。


画像




前殿の屋根の装飾。全ての屋根飾りはガラスとタイルで造られている。ちなみに黄色い屋根瓦と龍の飾りは神様と皇帝の建造物のみに使用されるそうだ。


画像




楼閣の屋根にも数多くの龍が置かれている。ここには登ることが出来るが三時になると鐘が鳴るので注意が必要だ。今回私がいる時に鐘が鳴り、あまりのうるささに思わず外に逃げ出した。


画像




前殿内にはおみくじが置かれているが、筮竹(ぜいちく)が入っている器は男女別々になっている。日本とはやり方が異なり、まず占って欲しいことを神様に伝えてから番号を引き、この番号で良いか一対の陰陽を表す「神杯」を投げて神様に伺いをたて、その結果で吉凶を占うそうだ。


画像




前殿の奥にある本殿。ここに人間界の運勢を司る道教最高位の三神(霊宝天尊、元始天尊、道徳天尊)が祀られている。


画像



画像




螺旋が特長的な本殿の天井は、1万点以上の部品を釘を使用せず組んでいる。


画像




境内を回って驚かされるのが装飾として設置された龍の多さだ。屋根以外でも壁面や天井、そして柱などにも見ることが出来る。ここには5千以上の龍が棲んでいるが、正確な数字は誰も知らないそうだ。


画像



画像



画像



画像



画像




龍は不老長寿という道教信仰のシンボルなのだろうが、スズメはあまり気にしてなさそうだ!


画像




道教というあまり馴染みのない宗教のお宮さんを見学させてもらったが、日本の寺院と異なりその絢爛豪華さに圧倒された。

あまりにも華美過ぎて落ち着かないと感じる方もいるらしいが、拝観料¥300で味わえる異国情緒は実に素晴らしい経験だった。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年05月09日 23:52
 このお寺、確かに日本のお寺とは、違いますね。中国的と言うか、何でしょうかね?。ちなみに、清の時代の龍は、皇帝を表しているとか…。(権力的な力を示しているそうですが…。)この場合もそうなのでしょうかね。なんとも、言い難いですが、あえて言うと、東洋的テーマパークだとすると、見物の対象としての価値は高いですね。(ちょっと、見て見たい気もしています。)
2014年05月10日 14:43
こんにちわ、藍上雄さん。
日本のお寺とは全く異なる雰囲気で、思わず「おぉ!」と声が出そうになりました。
道教と龍の関係はよく判りませんが、ここでは龍季祭という祭りも行われるようで、龍を崇めているのが判ります。
本殿には解説をしてくれる方がいて、色々と話を聞かせてくれるので、次回行く機会があればなぜこんなに龍が多いのか聞いてみます!
2014年05月10日 22:54
こんばんは。こんな派手な建物が日本に有るんですね。龍もユニークです。きれいな画像が素敵です。
2014年05月10日 23:08
こんばんわ、花田さん。
実際に見るとカラフルさと凝った彫刻に圧倒されます。どこもかしこも珍しく、やたら写真を撮ってしまいました。
規模は小さいのですが、似たようなお宮は横浜の中華街にもあるらしいので、機会があったら見に行こうと考えています。
2014年05月10日 23:38
聖天宮、私も横浜中華街をまず思い出しました。
でも、これだけ鮮やかで綺麗な外装にはビックリ。
凄くエキゾチックな雰囲気を感じます。確かに見る価値がありますね。
ちょっと日本人には落ち着かない感覚もありますが、やはり異なる宗教の美に触れることもいいことだと思います。
寺院を背景にしたシランの写真、とても印象的で素敵です。
2014年05月11日 00:24
こんんばんわ、ミクミティさん。
横浜中華街の入口や関羽を祀った関帝廟にも同じ様な造りの門がありますね。
中華街の場合には華僑の方々が多く、訪れる人達も最初から異文化に触れられるという感覚で行くと思うのですが、「聖天宮」は埼玉の奥地、それも周りが畑だらけの場所にこの様な煌びやかな建物があるので、本当の驚かされました。
私も気に入っているので、シランの写真を誉めて頂き嬉しいです。この写真は地面に膝をつきながらローアングルで何枚も撮った内の一枚なのですが、苦労が報われました。
2014年05月14日 15:47
道教のお宮とは珍しいですね。
大昔に、返還前の香港に行った事が
ありましたが、あちらの
道教の寺を思い出しました。
それにしても、まさに国籍不明。
竜宮城みたいな場所ですね。
2014年05月17日 12:41
こんにちわ、yasuhikoさん。
日本では道教のお宮さんはめったに見掛けませんね。
私も仕事で台湾に行った時に見ましたが、聖天宮ほど派手では無かったように記憶しています。
最初に天門を見たときには、正に竜宮城を思い出しました!

この記事へのトラックバック