春の野花

今年は春先からあちこち歩き回り、様々な花を撮ってきた。ブログには今が旬の花をメインにアップしてきたが、それ以外の花も撮っていたので、今回は足元に咲く小さな野花をメインに紹介したいと思う。


荒川土手で見つけたマツバウンラン(松葉海蘭)。1cm足らずの小さな紫の花だが、群生していたので遠くからでも目に付いた。


画像




明治神宮の芝生で咲いていたニガナ(苦菜)。茎から白汁が出るが、それがとても苦く名前の由来になっている。沖縄料理で野菜として利用するニガナとは別の種類のものらしい。


画像




ニガナの隣で咲くお馴染みのタンポポ(蒲公英)。いつも何気に見ているタンポポだが、古くから日本にある在来種とヨーロッパ原産のセイヨウタンポポがあり、さらにはそれらの公雑種もあるそうだ。


画像


画像




同じく明治神宮のムラサキゴケ(紫鷺苔)。苔の仲間ではないが、親株から出た茎が地面を覆うように広がるのでこの名前が付けられたそうだ。


画像




かなり前から都内のあちこちで見掛けるようになったナガミヒナゲシ(長実雛芥子)。ケシの仲間だがアヘンの原料となるアルカロイドは含まれていないので栽培は問題ない。ただ、繁殖力がとても強く他の草花を駆逐してしまう恐れがあるということで役所などが中心になり駆除作業を行っている。


画像




雑草に混じって咲くムラサキカタバミ(紫紫片喰)。南アメリカ原産で、江戸時代末期に観賞用として導入されたが、今では帰化植物として日本中で見られる。小さく可憐な花だが、生態系に悪影響を及ぼすとして要注意外来生物に指定されている。


画像




空き地の雑草の下でみつけたオオイヌフグリ(大犬陰嚢)。果実の形が犬の陰嚢に似ているところからこの名前が付いたそうだが、何だかちょっと可哀想!


画像




開花しても誰も気にしないような小さな野花でも、改めて観察してみるとそれぞれに個性があり、可憐でもある。


いずれ誰かに踏みつけられ、消えてしまう花だから写真に残してあげよう。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2014年04月29日 23:44
こんばんは。
お散歩中、足元で咲いている小さな野の花が愛しく見えるこの頃です^^
マツバウンランって、可憐なお花ですね~☆
Tapirさんのお写真、とても素敵です。
オオイヌノフグリ、もう少しかわいい名前にしてほしかったですね。
2014年04月30日 11:34
こんにちわ、Ritaさん。
ブログを始める前は公園や広場を歩いていても足元を全く気にしていませんでしたが、最近では小さな花が咲いていないか探してしまいます。
名前も判らないような小さな花が健気に咲いている姿は本当に愛おしく感じます。
オオイヌフグリの名前、もう少し何とかならなかったのでしょうかね。カタカナならともかく、漢字で見るこけてしまいそうです
2014年04月30日 21:29
 マツバウンランやムラサキゴケは、こちら(北海道)では、見かけた事がりません。分布を調べて見ると、本州からと成っていました。野草でも紫色の小さな花綺麗ですね。
 タンポポですが、もしかすると、在来種かもしれませんね。
2014年04月30日 22:25
こんばんわ、藍植雄さん。
マツバウンランもムラサキゴケも、今回初めて気が付いて撮影しました。両方ともとても小さくて、群生していなければ気が付かなかったかも知れません。
分布は本州からなんですね。きっと寒さに弱い植物なのでしょうね。
ネットでちょっと調べましたが、私が撮ったタンポポはどうも在来種のようです。外来種は寒さに弱く夏場近くに咲くみたいです。
ひまわり
2014年05月01日 01:11
マツバウンランのような淡い紫色に
なぜか惹かれるんですよ。
ナガミヒナゲシは確かによく見かけ
ますがまさか駆除されてるとは…
花がそういう対象であることも驚きです。




2014年05月01日 01:59
こんばんわ、ひまわりさん。
私も淡い紫色の花にはとても惹かれます。これを撮影した時はマクロレンズを持っていなかったのでアップが撮れなかったのが悔やまれます。
家の近くの道路沿いに沢山のナガミヒナゲシが咲いていたのですが、ある日突然1本も無くなっていました。毎年のように駆除をしているはずなのですが、翌年には必ずといっていいほど咲いています。
よっぽど繁殖力が強いのでしょうね。
2014年05月04日 00:01
マツバウンランという花は、
初めて知りました。
小さな花の世界が、見事に
切り取られていますね。
タンポポは、写真で見る限り、
カントウタンポポのようですが、
西洋種に押されて、在来種は
見かける事が少ないですね。
2014年05月04日 16:58
こんにちわ、yasuhikoさん。
私も初めてマツバウンランを見たので、名前を調べるのに時間がかかりました。
また、花の大きさに比較し茎がとても長いため、少しの風でも大きく揺れるため、撮影にも苦労しました。
やはりタンポポは在来種ですか。タンポポに限らず、最近では外来種が増えてきているので在来種の減少が心配ですね。
2014年05月06日 14:52
こんにちは♪

わぉー小さなお花のオンパレード!
しかも植物図鑑的な注釈まで。

Tapirさんのいつもの日記もグーですが
こういう形も素敵です。
また宜しくお願いします♪
2014年05月07日 20:36
こんばんわ、グーコさん。
今回は視線を足元に向け、小さな花を中心に撮ってみました。
普段は気にもしない花が多かったので、名前を調べるのが結構大変でした。
また頑張ってみます!!

この記事へのトラックバック