小さなアート(2)

以前、クラウディオ・マッジというイタリア人のアーティストが一つ一つエアーブラシで製作したジッポーを紹介したが、今回は、アメリカのナバホ居住地にいるデイビット・イエローホースというアーティストが製作したジッポーを紹介したい。

元々は、ハンティングナイフの製作者で、彼の作るナイフの柄には様々な模様が施されており、アメリカではかなりの高値で取引されている。数年前から、ナバホインディアンに伝わる絵柄を彫り込んだジッポーも手がけるようになった。

ナバホインディアンに伝わる「ANASAZI」と呼ばれる古代人をモチーフにしたジッポー。底以外には全て彫刻が施されている

画像


画像


画像


ハンティングナイフの柄に施される絵柄と同じ手法で、天然石とニッケルシルバーを組み合わせ作られたジッポー
も手がけている

これはターコイズを使用したもの

画像


これはBlack Jet Stone

画像


これはBloody Jasper Stone

画像


ディビッド・イエローホースと彼が製作しているナイフ

画像


画像


彼とは直接メールのやり取りをしたが、歯科医が使うミニドリルを使って絵柄を彫るそうだ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック