石神井川 その4、中板橋駅近辺

東武東上線の駅名と同じ「中板橋」の次にあるのが「向屋敷橋」(むかいやしきばし)、たぶん向かい側に立派なお屋敷でもあったに違いない。橋のデザインも昔のイメージを踏襲しているので雰囲気があり、橋の中央部は川に張り出す形になっているので桜も見やすくなっている。季節が異なる2枚の写真を下にアップしたが、桜の季節はがらっとイメージが変わる。

中板橋駅方面からこの橋を渡り、環七に出てすぐに私の好きなラーメン屋「味噌一」がある。野菜がたっぷり入った独特の甘みをもつ味噌(身礎)スープはいつも最後まで飲み干してしまう。ピリ辛、太麺が好きかな!

画像


画像


次に出てくるのが「久保田橋」(くぼたばし)

画像


そして「山中橋」(やまなかばし)。前出の「久保田橋」同様右に歩いて行くと中板橋の商店街に出る。奥州平泉に向う源義経がこの橋を渡ったという言い伝えがあるが、「板橋」を渡ったという説もあり、その信憑性は定かではない。

画像


この辺りは100m弱程歩くと次々と橋が出現する。そして次に出てきたのが「新西原橋」(しんにしはらばし)だが、前の2つの橋に比べれば凝った作りとなっている。

画像


まだ先は長い・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのトラックバック