石神井川 その2、概要

都内には大小合わせ結構な数の河川があるが、石神井川はあまりメジャーとは言えないだろう。神田川の様に歌にでもなっていれば別だが、東京生まれの私でさえ、板橋に引っ越して来るまでは全く馴染みが無かった。

しかし、石神井川に架かる橋に興味をもってからは、一度その概要を知っておきたいと思い、ネットで調べることにした。以下にネットに掲載されていた説明を引用する。

石神井川は、小平市の鈴木小学校の辺りが源流とされ、小平市→西東京市→練馬区→板橋区→北区を流れ、北区堀船で隅田川に合流する延長約25.2キロメートルの荒川水系の一級河川とのこと。源流の近くには都立小金井公園が、中流部の板橋区には城北中央公園、そして下流部の王子には音無親水公園など多くの公園や緑地に接している。

また板橋区南常盤台近辺から板橋区加賀あたりまでは「桜の辻」とよばれ、知る人ぞ知る桜の名所となっている。板橋に引っ越ししてこなかったら、この様な事も知らずに終わっただろ。

画像


蛇足になるが、板橋に引っ越して数年後、石神井川の名前が全国紙に掲載されたことがある。それは平成5年の2月、板橋区加賀付近で、矢が刺さったまま泳いでいるカモが見つかった、いわゆる「矢ガモ」事件だ。最終的には上野の不忍池で保護され、治療を受けた後に無事飛び立ったのだが、その間1ヶ月以上を要し、かなり話題となっていた。これで少しは石神井川も名を売ったに違いない。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのトラックバック