石神井川 その14、王子駅を越えて

「音無橋」手前で石神井川は暗渠に入り、見えなくなってしまった。構内を抜け反対側に出ても、駅周辺で川を見る事は出来ない。そこで駅前の交番で教えてもらい、東武ストアの裏の道を行くとやっと川が見えてきた。そこにあった橋は建設途中で、名前は「社用橋」となっていた。しかし、その辺りは集中的に工事をやっており、本当の橋の名前なのか、それとも工事中の仮の名前か判らない。撮影は昨年の秋なので、機会があれば再度確認しに行くつもりである。

画像


次に出てくる橋は「鎗溝橋」、これでやりみぞ橋と読むそうだ。

画像


続いて出てくる橋が「ほりふね橋」、なんとなく修理中という感じの橋であった。

画像


しばらく川に沿って歩くと再び明治通りが現れる。そこに架かる橋が「溝田橋」(みぞたばし)、ここも道が広すぎるため、あまり橋という感じは無い。

画像


「溝田橋」から左岸を歩いて行くと、水辺沿いが整地され公園のようになっている。首都高速中央環状線沿いの先に、小さく見えているのは次の「新柳橋」(しんやなぎばし)である。

画像


さあ、もう少しで隅田川にでるぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック